あしき流通経路 / 犬ブリーダー 子犬販売 (ハニーわん)

あしき流通経路(1)
メールでのお問合せもどうぞ
メール
動物取扱業登録
第121051号・第122054号
お電話でお問合せいただけます
navi-top ハニーわんトップ 特定商取引法表示 プライバシーポリシーとセキュリティ サイトマップ リンク集
柴犬 子犬販売 パグ 子犬販売 ドッグフードについて
トイプードル ブリーダー 子犬販売 イングリッシュコッカースパニエル 子犬販売

子犬は素敵なパートナー
犬の幸せを本気で考えよう!
子犬が適切な環境で成長し、変わらぬ愛情の中で生涯を過ごせるよう、ハニーわんは新しいお迎え先に願いを託します。

お客様お喜びの声

幸せ笑顔ミニアルバム

お役立ち情報
問題行動解決法
警告!
 悪質業者の手口
あしき!流通経路

健康で可愛い子犬を
お迎えいただけます♪

犬ブリーダー 子犬販売
【ハニーわん】

(株)グランジュネッス
〒739-0646
広島県大竹市栗谷町大栗林302-1
TEL: 0827-56-0710
FAX : 0827-93-5279

ご見学は必ずご予約を!
営業時間 10時〜21時
土・祝日O.K
ご見学 O.K (要予約)


このページのトップに戻る

あしき流通経路(1)

子犬
あしき流通経路あしき流通経路 (1) あしき流通経路あしき流通経路 (2)

法規制が遅れている子犬流通経路


犬の販売頭数は、ジャパンケンネルクラブの登録頭数で見るなら年間約57万頭ですが、他団体や雑種まで加えるなら70万頭を超えています。

5年前は、この内店頭陳列販売が95%程度でした。

現在は、ネットの普及と業界事情を理解したお客様が増えたことに伴い、80%程度までダウンしていると予測されています。
つまり、仲介業者を通したネット販売やブリーダー直譲のネット販売がドンドン増えているのです。

子犬1とはいうもののまだ80%が店頭ペットショップで購入される犬ということになります。
店頭陳列型ペットショップの子犬がどういった経路をたどり、どんな状態で飼い主様のもとにたどり着くのか、ご存じでしょうか?

きっと、「そんなこと考えてみたこともない。」と言われる方のほうが多いと思います。この状況をぜひ知っていただき、私達と飼い主様とで、子犬にとってもっとよい環境に変えていけたらいいなと思います。
フローマップ
なぜ買ったばかりなのに伝染病にかかったの?
なぜ、子犬が言うことを聞いてくれないの?
この疑問に答えるには、生まれたばかりの子犬がどんな経路をたどって飼い主様のもとへ迎え入れられたのかを知る必要があります。

スタートはブリーダーから始まり、
A.ブリーダーから店頭に抱えるペットショップを通じて販売
B.ブリーダーから仲介業者を通じて直譲子犬2
C.ブリーダー直販
と大きくは3分類になります。

B.とC.は似ているイメージですが、お客様に対する販売元が全く異なります。
欧米は法規制面からほとんどが、B.かC.のケースであり、仲介業者が生体無在庫のペットショップになっているケースが多いのです。

日本は先進国の中でも法規制が遅れており、いまだにA.(店頭陳列販売)が多い訳ですが、この店頭陳列販売には、どうしても取り除くことのできない、とても深刻な問題が隠されているのです。

店頭販売店が抱える深刻な問題


欧米ではなぜ、「ブリーダーから店頭に子犬を抱えるペットショップを通じて販売」が、ないのでしょうか?

答えは、感染症の発症確率を低下させる、かつ子犬にとって最も大切な社会化期を重視しているからです。
  ※子犬の社会化期については、子犬3母犬の側で育つ大切さ」をご覧ください。


「ブリーダーから仲介業者を通じて店頭販売」では、色々なブリーダーから集められた子犬が店頭に陳列されていますが、 生体市場(せり市)を通して入っているとしたらどうでしょうか?

 

-店頭販売店が抱える深刻な問題 その1-

感染症は、仕入れた時は潜伏期間があって判りません。
発症していたら誰だって仕入れませんから。
たった1頭が感染していたら他の犬も感染する確率が高くなる訳です。

Aルート(店頭陳列販売)で販売される場合は、その多くはせり市(オークション)を経由しており、しかも、生後45日未満で店頭に陳列される割合が60%にまで及んでいます。

店頭に陳列された子犬は、母犬から早々と引き離されたうえに、朝から晩まで狭いケージの中で、入れ替わり立ち替わり色んな人に見られます
子犬にどれ程ストレスが掛かるのか、想像してみてください。
これが免疫力の弱い子犬にとって、感染症の発症確率を高める引き金となっている訳です。

ブリーダー直販直譲型であっても、同じことです。
ただし、そのブリーダー所有の犬だけが、最悪全滅するということだけですみますし、そういったブリーダーの子犬を避ければよいので、話は簡単です。
 

-店頭販売店が抱える深刻な問題 その2-

早期引き渡しは、将来、問題行動を起こす要因の一つにもなります。

子犬にとって、犬との付き合いや人間との関わりを学ぶ大切な時期である、社会化期の生後3週〜12週は、母犬から乳をもらい、兄弟姉妹犬と遊ぶことにより、犬との付き合いを学びます。
そして、人(ブリーダーや飼い主)と接することで、人間に慣れることを覚える、大切な自然学習期間なのです。

この大切な期間を適切に過ごせないと、しつけしづらい(「問題行動」を起こしがち)な子になり、捨て犬を生む要因にもなってしまいます。

ペットショップから購入する場合は、くれぐれも
●いつから展示されているのか
●ワクチン接種状況
●親犬の性格や大きさなどを聞く、写真を見せてもらう

を必ず確認することが重要です。
では、母犬といなければいけないそんなに早い時期に、どうして子犬を販売しなければいけないのでしょうか?
子犬あしき流通経路(2)」をご覧になってください。




ブリーダー「ハニーわん」
「ハニーわん」では、可能な限り遺伝性疾患を排除した繁殖を行う犬ブリーダー「グランジュケネル」の子犬販売をしております。
子犬には、6ヶ月間の生命全額保証しつけと健康サポート+初回5種ワクチンが付きます。
プロフィール


自社関連サイト
トイプードル ハニー
トイプードル・ティーカッププードル専門ブリーダー
トイプードル ハニー
イングリッシュコッカースパニエル.jp
イングリッシュコッカースパニエル.jp
 
自社関連ブログ
トイプードル ブリーダー
トイプードル ブリーダー
イングリッシュコッカースパニエル
イングリッシュコッカースパニエル

子犬の総合情報 dogoo.com
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る
 
navi-bottom ハニーわんトップ 特定商取引法表示 プライバシーポリシーとセキュリティ サイトマップ リンク集
(C) 2006 1honeywan.com