母犬の側で育つ大切さ

母犬の側で育つ大切さ
メールでのお問合せもどうぞ
wan@1honeywan.com
動物取扱業登録
第121051号・第122054号
お電話でお問合せいただけます
navi-top ハニーわんトップ 特定商取引法表示 プライバシーポリシーとセキュリティ サイトマップ リンク集
柴犬 子犬販売 パグ 子犬販売 ドッグフードについて
トイプードル ブリーダー 子犬販売 イングリッシュコッカースパニエル 子犬販売
sp
子犬は素敵なパートナー
犬の幸せを本気で考えよう!
子犬が適切な環境で成長し、変わらぬ愛情の中で生涯を過ごせるよう、ハニーわんは新しいお迎え先に願いを託します。
sp
お客様お喜びの声
sp
幸せ笑顔ミニアルバム
sp
お役立ち情報
問題行動解決法
警告!
 悪質業者の手口
あしき!流通経路
sp
健康で可愛い子犬を
お迎えいただけます♪

犬ブリーダー 子犬販売
【ハニーわん】

(株)グランジュネッス
〒739-0646
広島県大竹市栗谷町大栗林302-1
TEL: 0827-56-0710
FAX : 0827-93-5279

ご見学は必ずご予約を!
営業時間 10時〜21時
土・祝日O.K
ご見学 O.K (要予約)

sp
ページトップに戻る
sp

母犬の側で育つ大切さ

sp
v6お願い!ボク達を最期まで飼って v6子犬飼育前に v6母犬の側で育つ大切さ

子犬の社会化期とは?


子犬が飼い主(子犬から見たらリーダー)や仲間、さらに外部の人間や犬などに、なついていく過程のことを社会化期といいます。子犬

この時期が、子犬の生涯を決めるほどの、最も重要な時期なのです。

子犬の成長過程は、新生時期0〜2週 → 移行期2〜3週 → 社会化期3〜12週 → 少年期4ヶ月〜1年の4段階に分類されます。
一般的に国内における子犬の売買時期は、生後2ヶ月位がほとんどで、社会化期の最中に迎え入れるケースが多いはずです。

社会化期のスタートが3週齢(生後21日)となり、終わりが約3ヶ月です。
この時期に、親犬や兄弟と遊んだり喧嘩しながら自然に学び、また飼い主であるリーダーから学ぶことで、成犬になってから、他の犬や人間と上手に付き合っていく能力を育成することになるのです。

v6

母犬の側で育つ大切さ


この大切な時期に、早々と母犬から引き離されたり、人との接触のない子犬は、良きパートナーになる可能性が薄くなり、「問題行動」をとる可能性が高くなります。
 
問題行動の例
1.幼い時から外で飼われた場合
・・・噛み付く、ムダ吠えなどが多い。
2.人との接触が不十分な場合(遊んでもらったり、散歩してもらったことがない)
・・・飼い主や仲間から孤立し、非社会的に。
3.過保護に育てられた場合
・・・依存心が強く、社会に適合できず情緒不安定に。
自分を人間と思い込み、社会化が上手くされず、他の犬に攻撃的になったり、極端に物怖じしたり、性的不能になることも。
一方、母犬や兄弟姉妹犬から引き離すのが遅れると、
・・・犬仲間におぼれ、人間との連帯感が持てず、しつけや訓練がむずかしい犬になってしまいます。
犬は群れをなす動物ですから、人間にとってよいパートナーとなり、家族の一員として一緒に生活することで、幸せになれるのです。

幸せになるためには、3ヶ月齢までの社会化期が大切です。
全ては、この時期に決ってしまいます。

子犬2この社会化期に子犬は母犬や飼い主から、様々な遊びや刺激、触れ合いを通じて群れの中のルールや社会ルールを学習していきます。

これらを理解していると、子犬を迎えてからの育て方、付き合い方が、おおよそイメージできるのではないでしょうか。

いかに飼育環境が重要なのか、お分かりいただけたのではないかと思います。
v6

ショーケースに並んだ子犬達


この社会化期段階の重要性から考えると、ペットショップなどのショーケースに展示されている子犬が、いつ頃母犬から引き離され、いつ頃から展示されているのか、とても重要なポイントとなります。

生体市場であるオークション(せり市)から仕入れられ、ペットショップなどに並ぶ子犬は、この大切な時期を逃しているケースが考えられるのです。

単に感染症の問題ばかりでなく、この視点を持って、子犬を迎え入れていただければと思います。
子犬3
欧米で店頭展示販売を法規制で禁止し、かつ大半が90日齢経過後の販売になっているのは、感染症の防止と社会化期の重要性からです。

日本も早くこうなって欲しいと願うばかりです。
v6

遊びを通じてルールを教えよう


子犬を迎えたら、まずは、たくさん遊んであげることです。
遊びを通じて、家族間のルールを教えることから始まります。

例えば生後4ヶ月間は歯が生え変わるまで甘噛みがあります。
こんな時も「ダメダメ」と言って、いけないことを教え、その代わり噛んでもよいオモチャを与えます。

留守がちな場合は特に、オモチャはたくさん与えるべきですが、その管理はリーダーである飼い主がきちんとしなければダメです。

また、遊びのスタートと終わりを覚えさすことも重要になります。

よくできたら誉めてあげ、いけないことをしたらダメダメと言って聞かす、家族共通子犬5の言葉で何度も繰り返すことです。

こうして、家族の中での自分の位置や、服従の基本を覚えながら、成長していくのです。


このように、遊んであげ興味を引く物に取り囲まれ、それを自由に噛んだり触ったりしながら育った子犬は、成長が早く、好奇心旺盛で知能も高くなります。

このような子犬は、ドンドン自然に学習し、発達過程にある神経系に有効な情報を取り込んでいくことになります。

他に、先々接触するであろう刺激、例えば子供、配達員、近所の人、獣医、トリマー、テレビ、騒音などたくさん体験させてあげてください。


ワクチン忘れないでね」もご覧ください。子犬6

 

sp
ブリーダー「ハニーわん」
「ハニーわん」では、可能な限り遺伝性疾患を排除した繁殖を行う犬ブリーダー「グランジュケネル」の子犬販売をしております。
子犬には、6ヶ月間の生命全額保証しつけと健康サポート+初回5種ワクチンが付きます。
プロフィール
sp
sp
自社関連サイト
トイプードル ハニー
トイプードル レッド専門ブリーダー
トイプードル ハニー
イングリッシュコッカースパニエル.jp
イングリッシュコッカースパニエル.jp
 
自社関連ブログ
トイプードル ブリーダー
トイプードル ブリーダー
イングリッシュコッカースパニエル
イングリッシュコッカースパニエル
sp
dogoo
犬の情報サイト
ページトップに戻る
ページトップに戻る
 
navi-bottom ハニーわんトップ 特定商取引法表示 プライバシーポリシーとセキュリティ サイトマップ リンク集
(C) 2006 1honeywan.com