ワクチン忘れないでね (1) / 犬ブリーダー 子犬販売 (ハニーわん)

ワクチン忘れないでね (1)
メールでのお問合せもどうぞ
メール
動物取扱業登録
第121051号・第122054号
お電話でお問合せいただけます
ハニーわんトップページ 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシーとセキュリティ サイトマップ   リンク集 
柴犬 子犬販売 パグ 子犬販売 ウィペット 子犬販売
トイプードル ブリーダー 子犬販売 イングリッシュコッカースパニエル 子犬販売 ドッグフード考察論

子犬は素敵なパートナー
犬の幸せを本気で考えよう!
子犬が適切な環境で成長し、変わらぬ愛情の中で生涯を過ごせるよう、ハニーわんは新しいお迎え先に願いを託します。

お客様お喜びの声

幸せ笑顔ミニアルバム

お役立ち情報
問題行動解決法
警告!
 悪質業者の手口
あしき!流通経路

健康で可愛い子犬を
お迎えいただけます♪

犬ブリーダー 子犬販売
【ハニーわん】

(株)グランジュネッス
〒739-0646
広島県大竹市栗谷町大栗林302-1
TEL: 0827-56-0710
FAX : 0827-93-5279

ご見学は必ずご予約を!
営業時間 10:00〜21:00
土・祝日O.K
ご見学 O.K (要予約)


このページのトップに戻る

ワクチン忘れないでね (1)


子犬に必要なグッズ 子犬の輸送とお迎え ワクチン忘れないでね (1)
子犬を迎えたら 不妊手術のメリット ワクチン忘れないでね (2)

ワクチン接種は、母犬の移行抗体が切れる頃


混合ワクチンという言葉、ほとんどの方がご存知ですよね?
簡単にご説明していますので、これらを知った上で、大切なパートナーを守ってあげてくださいね。

色々な本を読んでも、ペットショップやブリーダーに聞いても、そして獣医師に聞いても、見事にバラバラな答えが返ってくるのが、ワクチンを打つ時期ではありませんか?
それは、なぜなのでしょうか?

子犬は、母犬の母乳を飲んでいるうちは、移行抗体によって守られています。
この抗体は、あらゆる病気に対して、免疫物質を多く含んでいます。
たまに母乳を飲む力のない、弱い子が生まれる場合もありますが、その場合は免疫力が弱いために、死に至ることが多いものです。

しかし、生後3週間〜4週間ほどしますと、母乳から離乳食に変わり、移行抗体も42日から150日で消滅してしまうのです。
そのために、移行抗体が切れた頃、ワクチンを接種する訳です。

移行抗体が切れるのはいつ頃なの?


その切れるタイミングがはっきりしているなら、前述のバラバラもなくなるでしょうが、個体差があることがこのバラツキの原因になっているのです。

ワクチンが効いているかどうか調べるには、血液検査をし、高いお金と時間を掛ければ可能ですが、これよりも、ワクチンを打った方が早く安く済むわけです。
検査結果を待つ間に発症したら意味がありません。

それでは、42日目に打てばいいの?
そんなことはありません。
移行抗体が残っている内は、ワクチンを打ってもバウンドし、抗体を作れないからです。

したがってダメ元で、42日目から50日頃に1回目を打って、それから3週間〜1ヵ月後に2回目、さらにそれでも移行抗体が残っている場合もあるため、また3週間〜1ヶ月おいて3回目を打つ場合もある訳です。
移行抗体の切れるタイミングが判れば、1回で済むのですけどね。

恐いのは、42日目に打っても効いていなくて(効いているか否かが判らない)、2回目に打つ間に感染する場合ですね。

それは1回目を50日で打っても60日で打っても同じことです。

そういったことから、一般的には、2ヶ月目と3ヶ月目の2回打つケースが多いのです。
ところによっては、念押しにさらに1ヵ月後に3回目を打つケースもあります。
ベターなのは、お届け前にもブリーダー段階で1回目を打つことでしょう。

なぜ打たなければならないの?


ワクチンは、「万一に備えたもの」と考えるものなのかも知れません。
感染症は、100%外部要因によるものだからです。

感染源であるウィルスと接触しない限りは、発症することはあり得ないのです。
例えば、最も恐いとされているパルボウィルスは、感染した犬の糞嘔吐物、それに接触した人の手足などから経口感染するものです。

しかし、発症するまでに潜伏期間(おおよそ1週間〜2週間)がありますから、気付いた時にはすでに手遅れで、全滅したりする訳です。
ウィルスをどこで拾ってしまうか、誰にも予測できませんからね。

ワクチンによる抗体は、1年で切れてしまうので、1年後にまた接種しなければなりません。
その接種をしていないために感染してしまった犬との接触だって、色々な場面で考えられます。

お散歩の時に接触したり、ドッグランで遊ばせている間に、起りうることなのです。

したがって、お互いに予防措置を施すことを義務付けるべきだと考えます。
こんな場面を考えると、「万一に備える」と言う表現は、適切でないことがお判りいただけるのではないでしょうか。

伝染病の感染経路って?


病原体となる微生物が、動物の体の中に入り込み、増殖していくことを感染したといいます。
感染したことによって、体の働きや仕組みに、いろいろな障害が起こることを発症したといいます。

こうした微生物によって引き起こされる病気を、『伝染病』といいます。
移らないものは『伝染病』とはいいません。
感染症の病原体となる細菌やウィルスなどは、肉眼では見ることはできず、光学顕微鏡や電子顕微鏡で観察できます。

その細菌やウィルスなどは、どんな経路で感染するのでしょうか?
 
空気感染
咳・くしゃみ etc. によってばらまかれたウィルスや細菌を吸い込むことで感染
母子感染
子犬が母犬のお腹にいる時に、胎盤を通じて感染、生まれてくる時に産道で感染、
母乳を飲むことによって感染 etc.
経口感染
ウィルスや細菌のついた物を舐めたり、食べたりして感染
 

次は、ワクチンの種類や予防できる病気について見てみましょう。
ワクチン忘れないでね(2)」をご覧ください。

 


ブリーダー「ハニーわん」
「ハニーわん」では、可能な限り遺伝性疾患を排除した繁殖を行う犬ブリーダー「グランジュケネル」の子犬販売をしております。
子犬には、6ヶ月間の生命全額保証しつけと健康サポート+初回5種ワクチンが付きます。
プロフィール


自社関連サイト
トイプードル ハニー
トイプードル・ティーカッププードル専門ブリーダー
トイプードル ハニー
イングリッシュコッカースパニエル.jp
イングリッシュコッカースパニエル.jp
 
自社関連ブログ
トイプードル ブリーダー
トイプードル ブリーダー
イングリッシュコッカースパニエル
イングリッシュコッカースパニエル

子犬の総合情報 dogoo.com
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る
 
ハニーわんトップページ 特定商取引法に基づく表示 プライバシーポリシーとセキュリティ サイトマップ   リンク集 
(C) 2006 1honeywan.com