トイプードル 遺伝性疾患に対する取り組み / トイプードル ブリーダー (ハニーわん)

トイプードル 遺伝性疾患に対する取り組み
メールでのお問合せもどうぞ
メールでお問合せ
動物取扱業登録
第121051号・第122054号
お電話でお問合せいただけます
navi-top ハニーわんトップ 特定商取引法表示 プライバシーポリシーとセキュリティ サイトマップ リンク集
柴犬 子犬販売 パグ 子犬販売 ドッグフードについて
トイプードル ブリーダー 子犬販売 イングリッシュコッカースパニエル 子犬販売
sp
トイプードルを
本気でお探しの方へ
グランジュケネルより
子犬情報や交配情報などをお知らせいたします。
トイプードル お問合せ
honki
sp
トイプードル 広島のハーミーちゃん
point トイプードル
nikuq トイプードル とは?
nikuq トイプードル 遺伝性疾患
nikuq トイプードル ブリーダー
nikuq トイプードル 子犬販売
nikuq トイプードルブリーダー広島
nikuq トイプードル子犬販売実績
sp
トイプードル オーナー様の声
sp
幸せ笑顔ミニアルバム
sp
お役立ち情報
問題行動の解決法
警告!
 悪質業者の手口
あしき!流通経路
sp
PRCDを発症しない
トイプードル

犬ブリーダー 子犬販売
【ハニーわん】

(株)グランジュネッス
〒739-0646
広島県大竹市栗谷町大栗林302-1
TEL: 0827-56-0710
FAX : 0827-93-5279

ご見学は必ずご予約を!
営業時間 10時〜21時
土・日・祝日O.K
ご見学 O.K (要予約)

sp ページトップに戻る
sp

トイプードル 遺伝性疾患に対する取り組み / トイプードル ブリーダー

トイプードル 遺伝性疾患について


トイプードルの遺伝性疾患といわれるもので、現在DNA検査できるものは、進行性網膜萎縮症(prcdPRA)・フォンウィルブランド病・ムコ多糖症・GM2 ガングリオシドーシスなどがあります。

膝蓋骨脱臼(パテラ)は、検査方法が獣医師による触診とレントゲン写真による視診のみです。
遺伝性といわれながら、DNA検査はありません。

進行性網膜萎縮症(prcdPRA)


進行性網膜萎縮症は歳を重ねて自然になる白内障とは違って、初期状態は夕暮れや暗い場所で
物が見えなくなってきて、徐々に進行して最終的には失明してしまいます。
トイプードルの場合、発症時期が比較的遅く、健康状態や環境、食生活など様々の要因が関係してきます。
アフェクテッドと診断されても一生涯発症しない子もいます。

進行性網膜萎縮症には、prcdPRA以外の原因遺伝子が他にもあるといわれていますが、まだきちんと解明できていないようです。
しかし、現在のところprcdPRA以外の遺伝子座で発症している子はいないのではと考えられています。

ページトップに戻る

フォンウィルブランド病


フォンウィルブランド病は、血液凝固に必要な因子の不足によって、外傷や手術時に異常出血を起こす病気です。

ムコ多糖症


ムコ多糖症は、体内のムコ多糖を分解するライソゾーム酵素が先天的に欠損していることで、ムコ多糖が蓄積して体内の組織を変性させ、体に障害が出る進行性の疾患です。
ムコ多糖症は、ライソゾーム病の一群に入ります。

GM2 ガングリオシドーシス


遺伝的にGM2ガングリオシドという糖脂質を分解する酵素が欠損しているために神経系にガングリオシドが蓄積し、その結果重篤な発達障害、神経障害を起こす病気です。
GM2 ガングリオシドーシスは、ライソゾーム病の一群に入ります。

膝蓋骨脱臼(パテラ)


後肢にある膝蓋骨(膝のさら)が正常な位置から逸脱した状態を膝蓋骨脱臼(パテラ)といいます。

内側にはずれる内方脱臼と外側にはずれる外方脱臼があり、トイプードルの場合は、圧倒的に内方脱臼が多いようです。

膝蓋骨脱臼(パテラ)においては、DNA検査はありません。
検査方法が獣医師による触診とレントゲン写真による視診のみです。
原因は先天性のものと後天性のものにわけられます。
症状は4段階のグレードに分けられます。

ページトップに戻る
トイプードル ブリーダーに求められるもの


きちんとしたブリーダーであれば、できるだけ欠点のない子犬をお迎えいただくため、相応の努力をしていることに違いはありません。
それでも、生き物であるがゆえ、100%完璧という子犬は生まれくいのが現実だと思います。
その現実に直面した時、真面目なブリーダーであるほど、大きな衝撃を受けます。

しかし、生まれてきた子犬は、どんな子であっても生涯を全うしなければいけない命があります。
ブリーダーの思いだけでその子犬の生涯を決めてしまってはいけないことです。

トイプードル ナナブリーダーがしなければいけないことは、その子の欠点を理解してくださり、生涯を慈しみ育ててくれるお迎え先を見つけることだと思います。
万一それができない場合でも、その子の生涯をブリーダー自身が引き受ける覚悟を持って、繁殖に臨むべきだと考えます。

また、同じ過ちは繰り返さないよう、交配の組み合わせをよく理解して、よりよい血液を残していくよう常に考えていかなければいけないと思います。

ページトップに戻る
トイプードル 遺伝性疾患に対する取り組み


トイプードル専門ブリーダーグランジュケネルでご紹介する子犬達は、遺伝性疾患であるprcdPRA(進行性網膜萎縮症)検査済みの親犬達から生まれ、 この病気排除するよう取り組んでおります。

また、、動物のDNA検査から撤退したGTGの動物検査部門を引き継ぎ、新たに立ち上がったOrivet -ASAPラボラトリーでは、検査項目がGTGの時より格段に増えたこともあり、今後、グランジュケネルでも、 フォンウィルブランド病・ムコ多糖症・GM2 ガングリオシドーシスのDNA検査も全ての親犬達に受けさせる予定です。

子犬をお迎えいただく前に必ず、膝蓋骨脱臼(パテラ)の触診検査を含む健康診断を受診し、基本的に、膝蓋骨脱臼(パテラ)のない子犬をお迎えいただくように努力しております。
食事や環境など万全に整え、膝関節が外れない子犬に育てますが、万一、子犬が膝が緩いなどの告知を受けた場合は、嘘偽りなく、必ず真実をオーナー様となる方にご報告させていただき、ご判断を委ねます。

トイプードル ピノお迎えいただいてからは、フローリングなどの滑りやすい環境の場合、生後1歳半くらいまでの成長期の間、必ずカーペットやコルクマットなどを敷いていただき、 正常な膝の成長を妨げないようにしていただけることと、可能な限り、ブリーダー指定の良質なフードを継続して与えていただけるようお願いしております。

遺伝性疾患に対する取り組みは、日本のブリーダーの認識が低いせいもあり、 ほとんど浸透していないのが現状だと思います。
犬をほんとうに大切に考えるブリーダーでありたいと思っています。

トイプードル 専門ブリーダー グランジュケネルの ブリーダーとしての自覚 もご覧になってくださいね。

 

お迎えいただくオーナー様には、遺伝性疾患などの病気があることも知っていただき、 ほんとうの愛犬家になっていただきたいと願っております。

子犬をお迎えいただく一番の基準は、価格やサイズではないと思います。
スタンダードに沿っている方がよりよいのですが、ペットとしてお迎えいただくのでしたら、オーナー様ご自身が可愛いと思ってくださり、疾患のない健康な子であることが大切ではないでしょうか。

グランジュケネルでは、お迎えいただいた後に、この子でよかったと、心から思っていただける、そんな子犬をご紹介できればいいなと思っております。

子犬という命を育み、その命を安心して託すことのできるオーナー様に巡り会えるために、これからも初心を忘れず、真摯な気持ちで努力していく所存です。

 

可愛いトイプードル子犬をどうぞご覧下さい。
トイプードル ハニー

 

sp
トイプードル 山口のジュエルちゃん
トイプードル ブリーダー
ハニーわんは(株)グランジュネッスが運営しております。
トイプードル子犬には、お迎え後6ヶ月間の生命全額保証+終生のしつけと健康サポートが付きます。
可能な限り遺伝性疾患を排除した繁殖で生まれる子犬達をお迎えください!プロフィール
sp
sp
トイプードル 子犬は
可愛いパートナー
犬の幸せを本気で考えよう!
トイプードル 子犬が適切な環境で成長し、変わらぬ愛情の中で生涯を過ごせるよう、ハニーわんは新しいお迎え先に願いを託します。
sp
自社関連サイト
トイプードル ハニー
トイプードル・ティーカッププードル専門ブリーダー
トイプードル ハニー
トイプードル ブリーダー
トイプードル ブリーダー
sp
トイプードル ブリーダー 子犬販売
sp
dogoo
犬の情報サイト
ページトップに戻る
このページのトップに戻る
 
navi-bottom ハニーわんトップ 特定商取引法表示 プライバシーポリシーとセキュリティ サイトマップ リンク集
(C) 2006 1honeywan.com